winmac

フォルスクラブはもっとマルチになって欲しい

家電量販店に行けば、様々なパソコンが並んでいると思います。
そして最も多いのが、ウィンドウズマックです。
リナックスやユニックスもありますが、今回は割愛します。
ウィンドウズとマック、
この2つのどちらを買うべきか悩む方はとても多いと思います。
値段だけ見ると、マックに軍配が上がることが多いです。
しかしマックは安い分、機能が劣ります。
最もマックが使いにくいと感じる部分は、
ネットからダウンロードしてプレイするゲームでしょうか。

マックはあまりマルチタイプのオンラインゲームに向いていません。
下手をすれば、インストール自体できないかもしれません。
そしてウィンドウズとマックは互換性があまりありません。
ウィンドウズで編集したワードをマックに持っていくと、
ファイルが壊れるかもしれません。
仮に開けたとしても、書式がズレている可能性があります。
パソコンは意外とマルチに対応していないのです。
(※ただし、マックのPCにウィンドウズのOSを搭載させるといった荒業はあります)

http://img.allabout.co.jp/gm/article/1537/imac.jpg

フォルスクラブはウィンドウズ専用のアプリです。
マックでは動きません。
フォルスクラブはネットからダウンロードしてプレイするものなので、
機能が劣るマックでは動かないのです。
フォルスクラブを契約する前にまず、自宅のパソコンのOSが何か確認してください。
本当はすべてのパソコンで動くようにすべきかもしれません。
機能が劣るマックですが、新しいマックでしたらかなり快適に動く筈です。
プログラム的にはそれほど違いはないように見えますので、
フォルスクラブも頑張ればマックで動かせるかもしれませんよ。

やはり利便性を重視するなら、
あらゆるパソコンにマルチに対応することが重要と言えそうです。
前世期に作られたようなやつは流石に無理ですが、
最近登場したパソコンでしたら、
どれでもマルチに動かせるようになれば、とても嬉しいと思います。
フォルスクラブももっと柔軟にマルチに対応してくれれば、
会員はもっと増えるかもしれませんよ。

情報機器

マルチに扱えるのがフォルスクラブの魅力です

大抵のソフトウェアは一種類のハードウェアでしか動きません。
今流行りの最新式のスマブラも、
Wii Uとニンテンドー3DSの2つを販売していますが、
それぞれソフトウェアが異なります。
Wii U用のスマブラをニンテンドー3DSでやることは出来ません。
このように大抵のソフトウェアはあまりマルチに対応出来ていないのです。

そんな中、フォルスクラブはマルチに対応していることで有名です。
それぞれのアプリを全機種でやれるとは限りませんが、
パソコンタブレットスマホの3つを使って
フォルスクラブの各コンテンツをプレイすることが出来ます。
スマホからログインして勉強して、
その続きをタブレットから入り直してやることも可能なのです。
フォルスクラブのような教材は、他にないと思います。
いくら同じサーバーを使っているとはいえ、
ここまでマルチに対応できるのはフォルスクラブしか無さそうです。
もちろん、発生する料金の仕組みも一律です。
パソコンだけやろうとも、3種全部しようとも、
フォルスクラブで掛かる料金は常に一定です。
少なくとも、消費税がアップしない限り、料金はずっと据え置きになります。

互換性はとても重要です。
電子書籍が流行らない理由のひとつに、互換性が乏しいのが挙げられます。
キンドルファイアでインストールした電子書籍は、
同じキンドルファイアでしか開けないと言われています。
その本を読むには、ずっとキンドルファイアを使い続けるしかないのです。

DVDやブルーレイディスクは割と互換性が整ってきていますが、
マルチに対応していない分野は山のように存在しています。
競争原理を働かせるためにあえて独立させているのかもしれませんが、
お互いが足を引っ張るようでは本末転倒に近いです。
電子製品は深く深く進化する前に、
まずは互換性を整えることから始めた方が良いかもしれませんね。
スマブラをPS vitaで出来る時代は果たして来るのでしょうか。
任天堂がある限り、その未来は来そうもありませんね。
マルチ対応はとても難しいです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91475%2B1ynqL._SL1500_.jpg

情報

フォルスクラブもマルチに情報を脳に取り込めるようになればとても便利

脳に電極を差して直接情報を送受信する研究が進んでいます。
筋肉を動かせない難病持ちの患者に対してコレを導入することで、
コミュニケーションを取ることが可能になるという、夢のような研究になります。

基本的に人間が脳に情報を送る方法は5つしかありません。
触覚味覚嗅覚視覚聴覚の5つの感覚器を用いたものです。
記憶する場合、大抵2つ以上の情報を同時にマルチに受信していることが多いです。
感覚器は自らの意思でシャットアウトが出来ませんので、
マルチに情報を取り入れるのは良くあることなのです。
そしてこの5つの方法以外では情報を脳に送ることが出来ません。
筋肉を動かすだけでしたら、電気を流すだけでピクピク動かせますが、
脳に複雑な情報を送りこむにはそれなりの高度な技術が必要になります。

https://image.freepik.com/free-vector/no-translate-detected_62147502195.jpg

こうした技術がどこまで発達するか分かりませんが、
実用化すれば勉強の概念は覆されるかもしれません。
SF映画でしたら、マトリックスでありましたね。
脳に直接知識を与えることで、クンンフーの達人になりました。
フォルスクラブもこうした技術が登場すれば、不要となってしまうかもしれません。
もしくはフォルスクラブに収録した知識をそのまま脳に送れるようになるかもしれませんね。
パソコンのように、人間の脳にダウンロード、インストールできたらとても楽しそうです。
ただし、気になるのは脳の容量とスペックです。

フォルスクラブの情報量は非常に多く、
仮に普通の方法でもすべて丸暗記するには数十年掛かるかもしれません。
完全記憶能力でもあれば、
数週間でフォルスクラブの全ページを覚えきれるかもしれませんが、
人間は「忘れる」という機能を持っています。
反復練習にてより完璧に近い状態で覚えられるようになりますが、
このダウンロードももしかしたらそうした反復練習が必要になるかもしれません。

機械はマルチに進化していますが、人間はマルチに進化出来ません。
一度に取り込める情報には限りがあり、
それを超えるとパンクするか、別のところから漏れ出します。
フォルスクラブのような勉強教材をマルチに脳に取り込むには、
人間を改造するような技術革命がないと難しそうです。

information

マルチに扱えるツールを増やしていくフォルスクラブ

最初期のフォルスクラブは、CD-Rを各家庭に輸送するものでした。
今もこうした方法で教材を提供している会社は多いと思います。
しかしCD-Rは内容の更新が出来ず、その年しか使えないことが多いです。
科目によっては内容を随時更新していかないと、
その知識が役に立たなくなることはよくあります。
そこでフォルスクラブはオンラインで随時更新出来るようにしました。
ネットにアクセスしてもらい、
そこから最新のフォルスクラブを提供するようにしたのです。

http://aspla.ocnk.net/data/aspla/product/CD-R.png

その時も、使えるツールはパソコンだけだったと思います。
ネットに接続できる電子機器はパソコンが主流で、
マルチに機能が搭載されている携帯電話でも、
取り扱える情報はまだまだ少ないものでした。
しかし、性能の良いスマホが登場したことにより、
スマホからでもフォルスクラブを十分プレイ出来るようになりました。
他にも、タブレットがマルチに活躍するようになったことにより、
フォルスクラブはタブレットにも対応させるようにしました。
このようにフォルスクラブは時代に合わせてマルチに
使用可能な端末を増やしていっているのです。

電子機器はマルチにどんどん進歩しています。
水中メガネのように顔に装着させるVRが話題沸騰中ですが、
コンタクトレンズにその機能を搭載させたARも隠れた人気を誇っています。
まだ製品化はされていませんが、いずれ市場の中心になるかもしれません。
市場の中心になれば、フォルスクラブもARに対応させるようになるかもしれません。
どのようなことにARが活用できるか分かりませんが、
視線を変えずにカーナビを使えるようになるのではないでしょうか。
自分の視界に矢印などが表示されれば、道を間違えることは無くなると思います。

http://www.4gamer.net/games/151/G015158/20161026035/TN/002.jpg

ただし、ARは良い事ばかりではありません。
「現実と空想がごっちゃになる」とまでは言いませんが、
一度に処理しなければいけない情報が増えるのは確かです。
マルチに情報を処理できる脳も同時に開発しないといけないかもしれませんね。
人間の脳みそも拡張パックや外付けハードディスクみたいなので
補強出来たら面白そうです。

マルチに情報を脳に取り込むフォルスクラブで覚えよう

今やマルチメディアは当たり前の概念になりつつあります。
ひとつのツールで、映像、音楽、文字といった複数の情報を発信するアイテムは
私たちの生活の至る所で溢れています。
そしてその多くがインターネットと繋がっています。
パソコンやスマホといったツールの恩恵に預かっている方は非常に多いです。
また、カーナビもマルチメディアと呼べそうです。
ラジオやCDプレイヤーなどのシングルメディアは、
今や骨董と化しているかもしれません。

フォルスクラブはマルチ型の教材になります。
インターネットが、テレビもラジオもネット動画も視聴できるように、
フォルスクラブも複数の手段で勉強することが出来ます。
例えば、フォルスクラブのLEARNING EYESは映像(動画)と
音声と字幕の3つの情報を発信しています。
音だけでなく、文字を見て英語を学べるため、より覚えやすいと言えます。
人間の記憶というものは視覚や聴覚だけの単一の情報よりも、
異なる感覚器を複数同時に使うことでより効率的に覚えることが出来るのです。

また、フォルスクラブに収録されている資格講座も複数の感覚器を使って
勉強することが出来ます。
教科書を目で見つつ、講義を耳で聴くことで、しっかりと内容を覚えることが可能です。
暗記系は脳をフルに活用させることでより効率的に覚えることが可能で、
マルチに情報を脳に取り込むフォルスクラブは、最適な教材だと言えます。

複数の情報を発信するツールは年を追うごとに進化しています。
時刻だけを伝える時計はシングルメディアと呼べそうですが、
今やその時計もかなり進化しており、
血圧や心拍数、歩数なども測定することが可能です。
さらにはスマホと融合して、
インターネットや通話まで可能な腕時計が登場しています。
現在、マルチメディアの多くが、視覚と聴覚のみです。

しかし、時代が進むに連れて、
嗅覚や味覚にまで作用させるものが登場するかもしれません。
既に、触覚に関しては開発が進んでいます。
専用のグローブを付けることで、圧力を感じることが可能です。
遠い所に居る人と握手が出来るようになる日は近いと思います。

フォルスクラブでマルチに資格を取得しよう

学歴よりも今や資格の時代です。
社会で通用する学歴は最早、東大やハーバード大だけで、
それ以外は全て同列として扱われる傾向にありそうです。
偏差値65の東工大や早稲田を卒業しても、「ふ~ん」で終わりそうです。
一方で資格は役に立ちます。

特定の職業に至っては、
国に認められた資格を有していないと働くことすら出来ません。
お手伝いさんやヘルパーとして働くことは可能かもしれませんが、
正規職員との給料の差が2倍以上離れることは珍しくありません。
それでいて作業量は正社員と変わらないため、
多くの方が資格を取得して正社員を目指します。

業種によっては、マルチに資格を取得した方が良いものがあります。
例えば、不動産業界。
宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、マンション管理士、
管理業務主任者、不動産鑑定士などの民間資格や国家資格がマルチにあり、
どれも有用な資格として認知されています。
これらの資格が無くても不動産会社に勤めることは可能ですが、
取得することで給料がアップするのは間違いありません。
もちろん複数取得することで、アップ率も大きくなります。
昇進にも関わってくるため、
宅建くらいは若い内に取っておいた方が良いとも言われています。

マルチに資格を取得するなら、フォルスクラブが最適です。
パソコン版のフォルスクラブは、宅地建物取引主任者試験、
FP技能検定3級試験、社会保険労務士試験の勉強に対応しています。
スマホ版だと、FP技能検定3級、宅健、社労士、
マンション管理士の資格の勉強をすることが可能です。
どれも不動産関連の仕事において欠かせない資格になりますので、
フォルスクラブでマルチに勉強するのをオススメします。
実際には同時に並行して学ぶことはありませんので、
ひとつ合格したら次のフォルスクラブのコンテンツで勉強する、
という感じでお使いください。

他にも、行政書士、ケアマネージャー、相続診断士など、
フォルスクラブはマルチに資格取得講座が用意されています。
将来なりたい職業を目指して、フォルスクラブで勉強するのはいかがでしょうか。

マルチに進化していくフォルスクラブ

進化とは環境に適応するために変化することです。
勉強の方法も時代によって変わって行きました。
紀元前3000年の頃は、棒を使って砂の地面に書くのが主流だったと思います。
昔は印刷技術もなく、本を増やすには手作業で書き写すしかありませんでした。
今は簡単にコピーを出来るようになり、
フォルスクラブのようなインターネットを使った勉強が主流になってきていると言えます。

このフォルスクラブもマルチに進化して行ってると言えます。
まず、使用するツールがマルチ化しています。
昔はパソコンからやるのが当たり前でしたが、今ではスマホが広く普及しています。
フォルスクラブは時代に合わせて、
スマホやタブレットからも出来るようにバージョンアップしました。
また、内容の方も適宜更新しています。
フォルスクラブから派生しているイグモンやスクールTVなど、
需要に合わせてマルチに商品展開をしているのです。

パソコン、スマホ、タブレットが全盛期ですが、
今後新たなツールが出現すれば、フォルスクラブもそちらに移行するかもしれません。
アップルウォッチやPlayStation VRなど、画期的なデバイスが数多く誕生しています。
ほんの十数年前まで、これらのツールはSF作品にしか登場しませんでしたが、
今やそれは現実のものとして扱われています。
VRでフォルスクラブをすることが出来れば、より臨場感のある勉強が出来るかもしれませんね。
このように、科学技術は色々な方向にマルチに進化しているのです。

マルチ型コンテンツのフォルスクラブの利点

大抵の勉強のツールは一教科のみです。
多くても国数英理社の基本五教科だけだと思います。
フォルスクラブのように、小学生から高校までの五教科に対応し、
かつ様々な英語学習アプリと各種資格講座、
サポートサービスがセットで付いているマルチ型の教材は
ほとんど見たことがありません。

こうしたマルチ型の教材がフォルスクラブ以外にあまりないのは、
プレイヤーの年齢にマッチしていないからだと言えます。
簡単に言えば、小学一年生は小学一年生の勉強しかしません。
小学一年生に小学二年生の教材を渡しても、ほとんど活用してくれません。
来年には使ってくれますが、それなら来年に渡せば問題ありません。
一度に全学年分の教材を送る意味は、ほとんどないのです。

では何故フォルスクラブがマルチ型のコンテンツとして配信しているかというと、
これは個人契約ではなく家族契約を基本としているからです。
小学一年生の子供だけでなく、その他の兄弟姉妹、
ご両親も同時にフォルスクラブを使って勉強してもらおうという狙いがあるのです。
誰でもいつでも勉強できるように、
フォルスクラブは最初から全学年の五教科を用意しているのです。

年齢も職業もバラバラの複数人がやる前提なら、
マルチ型コンテンツはとても有用です。
マルチ型の欠点は最初の準備(※制作サイドにおける)がとても大変なことですが、
それさえクリア出来れば多くの方が活用してくれます。
そして、これだけのコンテンツ数を誇っても低料金なのが、
フォルスクラブの利点です。

マルチにお楽しみいただけるフォルスクラブ

カラーテレビが登場し始めた頃は、
まだまだ一家に一台と呼べるほど普及していませんでした。
知り合いの家に押しかけて視聴することが多かったそうです。
今は一人一台のテレビが普通になりつつあります。
四人家族でも、各部屋にテレビを置くこともあります。
ただし、パソコンやスマホなど、娯楽がマルチ化していますので、
テレビの需要はそこまで高くないかもしれません。
テレビのチャンネルの取り合いをする光景は、今や幻となりつつあります。

その代わり、パソコンは取り合いになりつつあります。
ノートPCは一人一台あっても、
インターネットに常時接続できるデスクトップPCは、
まだまだ一家に一台のところが多いと思います。
パソコンをしたくても、家族で取り合いになってしまうかもしれません。
しかし、フォルスクラブならその心配を最小限に出来ます。
フォルスクラブはパソコン以外にも、
タブレットやスマホからアクセスすることが可能なのです。

マルチアクセスを可能にしているのが、フォルスクラブの強みだと言えます。
ワイファイが必要なため、タブレットで出来るとは限りませんが、
スマホに関しては一人一台が当然の様に広く普及しています。
中には一人二台持っている方もいるかもしれません。
どんな時にスマホをマルチ操作するか分かりませんが、
今や私たちの生活にスマホは欠かせないものとなっています。

娯楽が多様化しているように、勉強のためのツールもマルチ化しています。
パソコンの取り合いにならないように、
スマホやタブレットも使ってフォルスクラブをしてください。

マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブは親御さんの勉強にも最適

あらゆる勉強をしたいなら、マルチに学べるフォルスクラブがおすすめです。
お子さんへの勉強は勿論、親御さんが興味本位でやってみるのも良いですよ。

大人も十分に楽しく学べるのがフォルスクラブの魅力です。
特に、日本史はもう一度やった方が良いかもしれません。
真田幸村、西郷隆盛などの人物や、
鎌倉幕府の成立年度を復習するのはいかがでしょうか。
20年前に習ったことが今、通用しないことは割と多いです。
歴史は新発見により、覆されることが多々あります。

また、単純計算は脳の老化を防ぐ役割を持ちます。
小学一年生の算数の問題を解くのもおすすめです。
お子さんと一緒になって勉強すれば、
お子さんの勉強のやる気に火が付くというものです。
マルチに学べるフォルスクラブで、是非親子一緒に勉強してください。

そしてフォルスクラブは英語のコンテンツがとても豊富です。
昔の英語教育はあまりスピーキングとリスニングを重視していなかったので、
読み書きは出来ても、英会話が出来ない親御さんはとても多いと思います。
今は辞書も喋る時代です。
フォルスクラブの英語を聞いて、聞き取り能力を鍛えるのはいかがでしょうか。
見て聞いて学べるマルチ仕様なので、とても覚えやすいですよ。

ほかにも、フォルスクラブで手話、行政書士、相続診断士、
ニュース時事検定の資格の勉強をするのもおすすめです。
マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブを使って、
あらゆる知識を身に付けてください。