information

マルチに扱えるツールを増やしていくフォルスクラブ

最初期のフォルスクラブは、CD-Rを各家庭に輸送するものでした。
今もこうした方法で教材を提供している会社は多いと思います。
しかしCD-Rは内容の更新が出来ず、その年しか使えないことが多いです。
科目によっては内容を随時更新していかないと、
その知識が役に立たなくなることはよくあります。
そこでフォルスクラブはオンラインで随時更新出来るようにしました。
ネットにアクセスしてもらい、
そこから最新のフォルスクラブを提供するようにしたのです。

http://aspla.ocnk.net/data/aspla/product/CD-R.png

その時も、使えるツールはパソコンだけだったと思います。
ネットに接続できる電子機器はパソコンが主流で、
マルチに機能が搭載されている携帯電話でも、
取り扱える情報はまだまだ少ないものでした。
しかし、性能の良いスマホが登場したことにより、
スマホからでもフォルスクラブを十分プレイ出来るようになりました。
他にも、タブレットがマルチに活躍するようになったことにより、
フォルスクラブはタブレットにも対応させるようにしました。
このようにフォルスクラブは時代に合わせてマルチに
使用可能な端末を増やしていっているのです。

電子機器はマルチにどんどん進歩しています。
水中メガネのように顔に装着させるVRが話題沸騰中ですが、
コンタクトレンズにその機能を搭載させたARも隠れた人気を誇っています。
まだ製品化はされていませんが、いずれ市場の中心になるかもしれません。
市場の中心になれば、フォルスクラブもARに対応させるようになるかもしれません。
どのようなことにARが活用できるか分かりませんが、
視線を変えずにカーナビを使えるようになるのではないでしょうか。
自分の視界に矢印などが表示されれば、道を間違えることは無くなると思います。

http://www.4gamer.net/games/151/G015158/20161026035/TN/002.jpg

ただし、ARは良い事ばかりではありません。
「現実と空想がごっちゃになる」とまでは言いませんが、
一度に処理しなければいけない情報が増えるのは確かです。
マルチに情報を処理できる脳も同時に開発しないといけないかもしれませんね。
人間の脳みそも拡張パックや外付けハードディスクみたいなので
補強出来たら面白そうです。

マルチに情報を脳に取り込むフォルスクラブで覚えよう

今やマルチメディアは当たり前の概念になりつつあります。
ひとつのツールで、映像、音楽、文字といった複数の情報を発信するアイテムは
私たちの生活の至る所で溢れています。
そしてその多くがインターネットと繋がっています。
パソコンやスマホといったツールの恩恵に預かっている方は非常に多いです。
また、カーナビもマルチメディアと呼べそうです。
ラジオやCDプレイヤーなどのシングルメディアは、
今や骨董と化しているかもしれません。

フォルスクラブはマルチ型の教材になります。
インターネットが、テレビもラジオもネット動画も視聴できるように、
フォルスクラブも複数の手段で勉強することが出来ます。
例えば、フォルスクラブのLEARNING EYESは映像(動画)と
音声と字幕の3つの情報を発信しています。
音だけでなく、文字を見て英語を学べるため、より覚えやすいと言えます。
人間の記憶というものは視覚や聴覚だけの単一の情報よりも、
異なる感覚器を複数同時に使うことでより効率的に覚えることが出来るのです。

また、フォルスクラブに収録されている資格講座も複数の感覚器を使って
勉強することが出来ます。
教科書を目で見つつ、講義を耳で聴くことで、しっかりと内容を覚えることが可能です。
暗記系は脳をフルに活用させることでより効率的に覚えることが可能で、
マルチに情報を脳に取り込むフォルスクラブは、最適な教材だと言えます。

複数の情報を発信するツールは年を追うごとに進化しています。
時刻だけを伝える時計はシングルメディアと呼べそうですが、
今やその時計もかなり進化しており、
血圧や心拍数、歩数なども測定することが可能です。
さらにはスマホと融合して、
インターネットや通話まで可能な腕時計が登場しています。
現在、マルチメディアの多くが、視覚と聴覚のみです。

しかし、時代が進むに連れて、
嗅覚や味覚にまで作用させるものが登場するかもしれません。
既に、触覚に関しては開発が進んでいます。
専用のグローブを付けることで、圧力を感じることが可能です。
遠い所に居る人と握手が出来るようになる日は近いと思います。

フォルスクラブでマルチに資格を取得しよう

学歴よりも今や資格の時代です。
社会で通用する学歴は最早、東大やハーバード大だけで、
それ以外は全て同列として扱われる傾向にありそうです。
偏差値65の東工大や早稲田を卒業しても、「ふ~ん」で終わりそうです。
一方で資格は役に立ちます。

特定の職業に至っては、
国に認められた資格を有していないと働くことすら出来ません。
お手伝いさんやヘルパーとして働くことは可能かもしれませんが、
正規職員との給料の差が2倍以上離れることは珍しくありません。
それでいて作業量は正社員と変わらないため、
多くの方が資格を取得して正社員を目指します。

業種によっては、マルチに資格を取得した方が良いものがあります。
例えば、不動産業界。
宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、マンション管理士、
管理業務主任者、不動産鑑定士などの民間資格や国家資格がマルチにあり、
どれも有用な資格として認知されています。
これらの資格が無くても不動産会社に勤めることは可能ですが、
取得することで給料がアップするのは間違いありません。
もちろん複数取得することで、アップ率も大きくなります。
昇進にも関わってくるため、
宅建くらいは若い内に取っておいた方が良いとも言われています。

マルチに資格を取得するなら、フォルスクラブが最適です。
パソコン版のフォルスクラブは、宅地建物取引主任者試験、
FP技能検定3級試験、社会保険労務士試験の勉強に対応しています。
スマホ版だと、FP技能検定3級、宅健、社労士、
マンション管理士の資格の勉強をすることが可能です。
どれも不動産関連の仕事において欠かせない資格になりますので、
フォルスクラブでマルチに勉強するのをオススメします。
実際には同時に並行して学ぶことはありませんので、
ひとつ合格したら次のフォルスクラブのコンテンツで勉強する、
という感じでお使いください。

他にも、行政書士、ケアマネージャー、相続診断士など、
フォルスクラブはマルチに資格取得講座が用意されています。
将来なりたい職業を目指して、フォルスクラブで勉強するのはいかがでしょうか。

マルチに進化していくフォルスクラブ

進化とは環境に適応するために変化することです。
勉強の方法も時代によって変わって行きました。
紀元前3000年の頃は、棒を使って砂の地面に書くのが主流だったと思います。
昔は印刷技術もなく、本を増やすには手作業で書き写すしかありませんでした。
今は簡単にコピーを出来るようになり、
フォルスクラブのようなインターネットを使った勉強が主流になってきていると言えます。

このフォルスクラブもマルチに進化して行ってると言えます。
まず、使用するツールがマルチ化しています。
昔はパソコンからやるのが当たり前でしたが、今ではスマホが広く普及しています。
フォルスクラブは時代に合わせて、
スマホやタブレットからも出来るようにバージョンアップしました。
また、内容の方も適宜更新しています。
フォルスクラブから派生しているイグモンやスクールTVなど、
需要に合わせてマルチに商品展開をしているのです。

パソコン、スマホ、タブレットが全盛期ですが、
今後新たなツールが出現すれば、フォルスクラブもそちらに移行するかもしれません。
アップルウォッチやPlayStation VRなど、画期的なデバイスが数多く誕生しています。
ほんの十数年前まで、これらのツールはSF作品にしか登場しませんでしたが、
今やそれは現実のものとして扱われています。
VRでフォルスクラブをすることが出来れば、より臨場感のある勉強が出来るかもしれませんね。
このように、科学技術は色々な方向にマルチに進化しているのです。

マルチ型コンテンツのフォルスクラブの利点

大抵の勉強のツールは一教科のみです。
多くても国数英理社の基本五教科だけだと思います。
フォルスクラブのように、小学生から高校までの五教科に対応し、
かつ様々な英語学習アプリと各種資格講座、
サポートサービスがセットで付いているマルチ型の教材は
ほとんど見たことがありません。

こうしたマルチ型の教材がフォルスクラブ以外にあまりないのは、
プレイヤーの年齢にマッチしていないからだと言えます。
簡単に言えば、小学一年生は小学一年生の勉強しかしません。
小学一年生に小学二年生の教材を渡しても、ほとんど活用してくれません。
来年には使ってくれますが、それなら来年に渡せば問題ありません。
一度に全学年分の教材を送る意味は、ほとんどないのです。

では何故フォルスクラブがマルチ型のコンテンツとして配信しているかというと、
これは個人契約ではなく家族契約を基本としているからです。
小学一年生の子供だけでなく、その他の兄弟姉妹、
ご両親も同時にフォルスクラブを使って勉強してもらおうという狙いがあるのです。
誰でもいつでも勉強できるように、
フォルスクラブは最初から全学年の五教科を用意しているのです。

年齢も職業もバラバラの複数人がやる前提なら、
マルチ型コンテンツはとても有用です。
マルチ型の欠点は最初の準備(※制作サイドにおける)がとても大変なことですが、
それさえクリア出来れば多くの方が活用してくれます。
そして、これだけのコンテンツ数を誇っても低料金なのが、
フォルスクラブの利点です。

マルチにお楽しみいただけるフォルスクラブ

カラーテレビが登場し始めた頃は、
まだまだ一家に一台と呼べるほど普及していませんでした。
知り合いの家に押しかけて視聴することが多かったそうです。
今は一人一台のテレビが普通になりつつあります。
四人家族でも、各部屋にテレビを置くこともあります。
ただし、パソコンやスマホなど、娯楽がマルチ化していますので、
テレビの需要はそこまで高くないかもしれません。
テレビのチャンネルの取り合いをする光景は、今や幻となりつつあります。

その代わり、パソコンは取り合いになりつつあります。
ノートPCは一人一台あっても、
インターネットに常時接続できるデスクトップPCは、
まだまだ一家に一台のところが多いと思います。
パソコンをしたくても、家族で取り合いになってしまうかもしれません。
しかし、フォルスクラブならその心配を最小限に出来ます。
フォルスクラブはパソコン以外にも、
タブレットやスマホからアクセスすることが可能なのです。

マルチアクセスを可能にしているのが、フォルスクラブの強みだと言えます。
ワイファイが必要なため、タブレットで出来るとは限りませんが、
スマホに関しては一人一台が当然の様に広く普及しています。
中には一人二台持っている方もいるかもしれません。
どんな時にスマホをマルチ操作するか分かりませんが、
今や私たちの生活にスマホは欠かせないものとなっています。

娯楽が多様化しているように、勉強のためのツールもマルチ化しています。
パソコンの取り合いにならないように、
スマホやタブレットも使ってフォルスクラブをしてください。

マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブは親御さんの勉強にも最適

あらゆる勉強をしたいなら、マルチに学べるフォルスクラブがおすすめです。
お子さんへの勉強は勿論、親御さんが興味本位でやってみるのも良いですよ。

大人も十分に楽しく学べるのがフォルスクラブの魅力です。
特に、日本史はもう一度やった方が良いかもしれません。
真田幸村、西郷隆盛などの人物や、
鎌倉幕府の成立年度を復習するのはいかがでしょうか。
20年前に習ったことが今、通用しないことは割と多いです。
歴史は新発見により、覆されることが多々あります。

また、単純計算は脳の老化を防ぐ役割を持ちます。
小学一年生の算数の問題を解くのもおすすめです。
お子さんと一緒になって勉強すれば、
お子さんの勉強のやる気に火が付くというものです。
マルチに学べるフォルスクラブで、是非親子一緒に勉強してください。

そしてフォルスクラブは英語のコンテンツがとても豊富です。
昔の英語教育はあまりスピーキングとリスニングを重視していなかったので、
読み書きは出来ても、英会話が出来ない親御さんはとても多いと思います。
今は辞書も喋る時代です。
フォルスクラブの英語を聞いて、聞き取り能力を鍛えるのはいかがでしょうか。
見て聞いて学べるマルチ仕様なので、とても覚えやすいですよ。

ほかにも、フォルスクラブで手話、行政書士、相続診断士、
ニュース時事検定の資格の勉強をするのもおすすめです。
マルチにコンテンツが搭載されているフォルスクラブを使って、
あらゆる知識を身に付けてください。

マルチな世代に味方のフォルスクラブ

フォルスクラブの特長は、何といってもリーズナブルな月額料金で
幅広い学習コンテンツを利用出来る所にあります。
幼児から社会人まで利用出来る、マルチな世代の味方がフォルスクラブです。
幅広い学習コンテンツがあるだけでなく、
マルチな世代の味方のフォルスクラブには様々なメリットがあります。

1つ目は、フォルスクラブは最初の勉強に利用するのにぴったりです。
例えば社会人の資格の勉強は、
スクールや通信教育を利用するとかなりの金額になってしまいます。
そのため、お金がたくさんあったりその資格を絶対取る!
という時以外では勉強しづらいものです。
かといってテキストで独学で勉強しようとしても、なかなかうまくいきません。

この資格を勉強してみたいと思った時、フォルスクラブがぴったりです。
入会金が税抜き1万円、月額料金税抜きで6000円で利用が出来ます。
他と比べれば非常にリーズナブルなので、
資格などに興味を持ち勉強したいと思った時にぴったりです。

2つ目は、やる気を失わせない点にあります。
リーズナブルでとっつきやすいからこそ、
やる気を維持して勉強が出来ます。
塾や他の教材で「値段が高いなぁ」と思い躊躇すると、
せっかく芽生えたやる気も失ってしまいます。
ですが、マルチな世代の味方のフォルスクラブならばやる気を失わせず、
維持したままスムーズに勉強が出来ます。
特にやる気を維持させるのに難しい子供にとっては、
やる気のあるうちにとりかかるのでぴったりです。

様々なメリットがあるのが、マルチな世代の味方のフォルスクラブなのです。
幅広い年代の学習機会を失わせません。

マルチな楽しみ方が出来るフォルスクラブの恋の英会話

恋愛ストーリーと英語学習を組み合わせた、
画期的な学習アプリが恋の英会話です。
多くのフォルスクラブのユーザーが楽しんでいます。
このフォルスクラブの恋の英会話は、
マルチな楽しみ方が出来る学習アプリとなっています。

恋の英会話は、男女のバージョンでそれぞれ3人ずつのキャラクターがいます。
キャラクターを選んでストーリーを進めていきます。
そのため1人のお気に入りのキャラクターをとことんやるもよし、
全部のキャラクターのストーリーを制覇するもよしと
フォルスクラブの恋の英会話はマルチな楽しみ方が出来ます。
お気に入りのキャラクターと仲良くする、
色んなキャラのストーリーを進めてみるとマルチな楽しみ方が出来ます。
どちらにせよ繰り返しプレイすることになるので、どんどん英語力が身についていきます。

フォルスクラブの恋の英会話はマルチエンディング式を採用しています。
そのため、バッドエンディングやグッドエンディングなど全てのエンディングに辿り着き、
コンプリートするというやり方も出来ます。

恋の英会話はどちらのバージョンも月額料金内で出来ます。
そのため、思い切って別の性別バージョンをするということも出来ます。
キャラクターやストーリーもがらっと変わるので、新鮮です。
両方のバージョンを行うことで、新しい刺激となり英語の勉強にもなります。

普通にプレイするだけでなく、
マルチな楽しみ方が出来るのがフォルスクラブの恋の英会話です。
自分に合ったプレイをして、楽しみながらどんどん英語を覚えていきましょう。

マルチな時間に勉強が出来るフォルスクラブ

インターネットを通じて勉強出来るのがフォルスクラブです。
塾や資格のスクールと違い、時間に左右されないのが強みです。
マルチな時間に勉強が出来るのがフォルスクラブです。

フォルスクラブは仕事の忙しい社会人、家事が忙しい主婦、
部活動と勉強を両立させたい学生にぴったりの学習コンテンツです。
仕事や家事や部活動が終わったとでも、しっかりと勉強が出来ます。
フォルスクラブならマルチな時間で勉強出来るので、朝や夜の時間も有効活用出来ます。
フォルスクラブを利用している人の中には、朝早く起きて勉強する人も大勢います。
朝早く起きて勉強をすると、これから起きていくので眠くなることはありません。
規則正しい生活も出来ます。
また朝早く起きて体を起こすことで、仕事や学校の勉強もスムーズに行えます。

マルチな時間に出来るので、長い時間を確保できなくても合間の時間で勉強が出来ます。
社会人ならちょっとした空き時間や交通機関での移動中、
主婦の方なら洗濯機を待つ間などの時間を有効活用することが出来ます。
マルチな時間に勉強が出来るフォルスクラブは、学習内容も充実しているのもメリットです。
コンテンツによっては臨場感溢れる映像授業などがあり、勉強が捗ります。
また、目で見るだけでなく耳で聞いたり指で動かすので、しっかりと覚えることが出来るのです。
複数の感覚を使うことで、内容をしっかり頭に定着させることが出来ます。
時間に左右されないだけでなく、しっかり勉強出来るのがフォルスクラブの強みです。

時間に左右されず、忙しい人でもマルチな時間に勉強が出来るのがフォルスクラブです。
学習の機会を失わず、本業ややりたいことと両立させられます。